So-net無料ブログ作成

一週間の外遊ののち [移動]

一週間弱のイタリアのボローニャ、スウェーデン・ルンド、デンマーク・コペンハーゲンの外遊?ののち、成田空港で夕方の仙台空港フライト待つ間にビザラウンジをハシゴした。ただビールのためなり。
以上、
SMDSC_7730.jpeg

おっきい窓 [移動]

こんなおっきい窓など日常生活では有り得んな~と眺めている、成田空港ターミナル。館内放送が「ティロリロリン...」と言う電子音と共に際限なく流れる、思えば20数年前とおんなじだ。

以上
SMDSC_0028.jpeg

JFK空港は規模が大きい [移動]

NYには過去にも数回来ているがいずれもNewarkの空港を使っていた。

 

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Frankfurt Airport Delta Loungeより [移動]

今朝は午前3時に目覚まし強制起床。

 

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2013年1月、上空より富士を眺める [移動]

先週の木曜日の朝、仙台空港から大阪の伊丹空港まで飛んだ。久々の大阪への出張だった。飛行機はプロペラ機。そのせいか高度も低かったようで晴天のお陰でもあり地上の景色が綺麗に眺められた。

写真は富士山を恐らく甲府市越しの方向に眺めて撮ったもの。なかなかのものである。
 IMAG2902.jpg
 
…と言うことで久しぶりにブログに記事を投稿してみた。

随分とご無沙汰していたが、そろそろ再開してみようかなと考えている。実行出来るかどうかは別だが。

2012年1月27日 午後9時 自宅居間より。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

マラッカに入る。 [移動]

Lavender St., Singapore(シンガポールのラベンダー通り)から、午前8時のMelaka(マラッカ)行きのバスに乗車。バスは市内を抜けてJohor Baru(ジョホバル)への国境となる橋に向かった。

 

 

続きを読む


Road to Melaka - ラベンダーのバス停 [移動]

シンガポールチャンギ空港(Singapore Changi Airport)に成田空港から到着した時はすでに真夜中を過ぎていた。0時20分。ほぼ定刻の到着である。

 

続きを読む


日本へ帰国。 [移動]

6月18日(木曜日) 続き
機内は思ったほど混雑はしていない。隣に白人男性が座るがその人も空席を見つけて移動していった。隣が空席となり喜んでいたが、離陸してすぐ、近くに座っていたマレー系と思われるご婦人が移動してきてしまった。断る事も出来ず結局そのまま成田まで座られることとなった。

成田には定刻よりもほんの少し早く到着する。入国手続きをしようとすると、新型インフルエンザへの対応と思われる健康状態質問表を全員に記入させているようである。乗客の何人かは検温もされていたようだった。空港の係員が全員マスクを身に付けており何か緊迫した感じを受ける。入国しようとする乗客は殆どマスクなど付けておらず好対照である。

入国審査も荷物検査も何の問題もなく通過し、そのまま京成線の乗車口に向かう。15時24分の上野行き特急があり、丁度タイミング良く乗車する事が出来た。車内は思いのほか蒸し暑い感じがする。時々扇風機が廻り、その風が当たると心地良い。

日暮里でJR山手に乗換え新宿に到着。久しぶりの日本国内であり何となくぎこちなく戸惑う。

新宿駅西口ガード近く。空腹でもあり、「生ジョッキ86円」の広告に釣られて客のまだ少ない居酒屋へと入ってしまう。冷奴サラダ、豚の耳の酢の物、ゴーヤとゴマの和え物、焼き鳥4本、生ビール小グラス4杯で約3,000円だった。久しぶりの日本料理や冷えたビールが美味しい。シンガポール$で考えるとSD45ほどとなってしまうが帰国祝い代わりである。その後、ヨドバシをうろつき、見かけた立ち食いソバ系の店で掻き揚げウドン(450円)を食べてしまう。うどんを食べながらざるソバも良いなと思い、さらに大盛りのざるソバ(490円)も食べてしまう。久しぶりの日本の味。何でも美味しいが流石にお腹がパンパンに膨れて苦しくなる。

高速夜行バスの出発は午後11時40分であり時間を持て余してしまう。出発場所の新宿センタービルに移動して、地下1階にあるローソンで日本酒小瓶を450円で買う。久しぶりの日本酒をちびちびやりながら時間を潰す。

バスの集合時間頃に道路際の集合場所に行く。暫く待つと乗車のアナウンスがあり係員に従ってぞろぞろとバスに向かう。バスに乗車し、いつもと同じようにこの椅子で果たして眠れるものかと考えているとバスは定刻どおりに出発をした。細切れの居眠りをしていると最初の休憩場所に到着した。ここでもつい懐かしくてラーメンを食べてしまう。

6月19日(金曜日)
何とか断続的な眠りに陥りながら目的地である地元に到着する。朝6時半近く、ほぼ定刻通りの到着である。

↓↓投票クリック、お願いします
人気ブログランキングへ


Changi Airport(チャンギ空港)へと向かう。 [移動]

6月17日(水曜日)続き
ブログを宿のリビングで急いでアップするともう午後8時だった。女中さんにサヨナラを告げて空港へ移動する。宿から最寄のMRT駅であるOutram Park Station(アウトラムパーク駅)への入り口までは徒歩で20分程度だったが、駅構内に入ってからが結構な歩きであった。

プラットフォームへ降りてから表示してある③Changi Airportを待つが、①Pasir Ris(パサリス)は頻繁に来るもののChangi(チャンギ)行きが全く来ない。3-4本Pasir Risをやり過ごした後、Pasir Ris行きでもTanah Merahで乗り換えをしてChangi Airportに行ける事に気がつき、Pasir Ris行きに乗車する。Tanah Merahに着くと向かい側のプラットフォームにChangi Airport行きが待機していた。Outram Park StationでChangi Airport行きを待つ必要は全くなかった訳である。

Changi Airportに着いてからもう一つ間違いをする。乗る予定であるUnited Airlines(ユナイテッド航空)をWEBで調べて、どういう訳かTerminal 2と思い込み、そのTerminal 2に行くが、前回と比べてどうも様子が違う。行こうとしている有料ラウンジが中々見つからないのである。人に聞きながら方々を探し廻り、空港ビルの奥の方まで行ったりするが本当に見つからない。若しやと思い案内カウンターに聞くと、United AirlinesはTerminal 3との事。ターミナル間を結んでいるSky Trainなるものに乗り込んでTerminal 3に到着すると、ロビーの椅子の形状が前の記憶の通りである。すっかり思い込みでターミナルを間違えてしまっていたようだ。

腹も空き、空港内のスーパーで買ったビール(Carlsberg 小缶 SD2.4)とピーナツ(SD 1.2)を持ってFood Court(フードコート)でまずは寛ぎ、Food Courtの経済飯のようなものを食べる。一肉二采でSD2.0だったが、これも美味しかった。
01 changi airport food court.jpg
02 changi airport food court.jpg
03 changi airport food court.jpg
 

↓↓投票クリック、お願いします
人気ブログランキングへ


Singapore(シンガポール)に向かう。 [移動]

6月14日(日曜日)
昨晩は午後11時過ぎに就寝、朝迄ぐっすりと眠れる。その前の晩に寒く感じたので昨晩は長袖と長ズボンの着て寝るが、それで丁度良かった。

両替を兼ねて朝食に出る。今朝もまた同じ大通りのインドまたはマレー系料理屋のトッサイとティーである。RM2.4. 安くて美味しい。午前10時少し前に前に使った両替屋に行くと、日曜日で少し懸念していたがちゃんと営業していた。日本円10,000円を両替する: 2,000円 → RM72.7 (約27.5円/RM)、8,000円 → SD116 (約68.9円/SD)だった。

その後、マックに寄ってコーヒーを飲む。RM3.5. リフィルしてもらって宿に戻り、フロントに腰を落ち着けて飲む。部屋に一旦戻り、シャワーを浴びる。そして部屋で荷物のパッキングをする。今晩の夜中のバスでSingaporeに移動するのである。
お昼12時少し前にチェックアウトして、荷物をフロントに置いてもらい、The Gardensに向かう。大通りのマックから出た時に、Mid Valley行きのバスを見かけたので、今度は大通りからバスに乗って向かってみる。この大通りには雑然とした歩道があり、そこにいつも雑然とバスが止まっているが、行くとMid Valley行きのバスが1台いた。料金はRM1.0とのこと。

バスに乗ってMid Valleyに着くと、電車で行ったよりもずっとすぐに着いてしまう。KLのくねくね道効果なのだろうか。The Gardensのビルを覚えていたので、それを目安にそのバス停で降りたのだが、大きな通りから簡単にMid Valley駅とショッピングモールに辿り付けた。

エナメルバックは諸々勘案の結果、あるブランドのバッグを買うことに決めていたが、もう一度その他も見て最終的に考えていたバッグを買った。

時間はどうしようもないほど一杯ある。バスの出発が夜中の11時59分で、特にどこに行きたいという希望も無い。ツインタワーのKLCCあたりに行く事も考えたが、以前訪問した事もあり、これと行って興味もない。そのため、基本的にはこのモールで出来るだけ時間をつぶそうと考えていた。食べるところもあるし、エアコンも効いているし、トイレも綺麗でお金を取られることもない。

マレーシアのトイレの汚さはWEBを見ても定評があるようだ。汚いと言っても特に排泄物が散らばっているところを目撃した事はあまり無いが、何となく汚いのである。大きな理由は便器の形式、そして、宗教上かどうか分からないが水を使って用後の処置をしているようで、その水が床に散らばって濡れているからではないかと思う。便器の形状は日本の旧式の屈み式と似たようなものである。そのため、何となく排泄物が近くあるようで汚い感じがする。その上に、先の理由から床などが水で濡れている事が非常に多いので、小用の始末の悪さを連想して何となく汚いイメージがするのである。いずれ、水でいつも濡れている、乾燥していない、というところが汚いイメージのかなりの部分を占めていると思う。(あくまでも自分の場合)
宿泊しているBackpacker's Travellers Innのトイレも、床がいつも濡れていた。シャワーがあるので仕方ないところもあるが、排水の具合があまり良く無いようで水が溜まってしまうこともあるようだった。湿気があるということは虫も呼ぶことになると思う。便器の蓋を開けると小さな羽根のついた虫がごちゃごちゃと出てきて、興醒めすることも多かった。

またマレーシアの殆どの公共用トイレでは料金が徴収される。大体20セントか30セントである。トイレの入り口の前に机が置いてあり、おじさんかおばさんが料金を徴収するのである。トイレの紙を売っているケースも多い。料金を取られるからトイレがきれいで素敵かというと、どうもそうでないのである。若しかすると、料金を徴収しないとトイレがもっと汚くなるのかもしれない。
07 public toilet.jpg
これはKLの街中で見かけた公衆トイレであるが、ここにも人が配置されている。公衆トイレに専門の人が配置されているというのは日本では考えも及ばない事である。

 
 
 
 
 
 
話は戻って、The Gardensのトイレであるが、建物が新しい事もあると思うが、日本の高級デパートなどで見掛けるトイレと同じで、非常に気持ちが良い。料金の徴収もない。

まずはマックで食事をした。Mega MallのLG(地下)に入っているマックだ。またBig Mac Meal + Over SizeでRM9.6である。日曜という事もあり、かなりの混雑である。食べた後、リフィルしてもらったコーラを持ってThe Gardensに移動する。ブラブラして通路椅子に座ってコーラをゆっくりと時間を掛けて飲む。

それでも当然時間はまだまだあり、マックにまた戻って今度はコーヒーを飲む。RM3.5. マックでリフィルを1回して時間を潰し、2回目のリフィルを持って、The Gardensにまた戻る。綺麗なトイレで小用をして、また通路椅子に座ってコーヒーをちびちびしながら時間を潰す。コーヒーが切れた後、またマックに戻り3回目のリフィルをして時間を潰し、4回目のリフィルをした後にやっと帰路に付くことにした。それでもまだ午後5時程度だ。

来る時に降りたバス停の向かい側に行くとやはりバス停があった。すると長距離と思っていたTransnationalのバスが路線バスのようにそのバス停に止まる。若しやと思い、運転手に聞いてみるとChina Townまで行くと言う。RM1.0を払って乗せてもらう。

宿に一旦戻り、買ったエナメルバッグを旅行鞄にしまう。その後、フロントで蚊に気をつけながら本を読んで時間を潰す。江原哲之 人はなぜ生まれいかに生きるのか―新装版・自分のための「霊学」のすすめ      があり、それを読む。スピリチュアルな内容である。
その後、今度は大通りのマックに行く。本当はいけないのだろうが、Mega Mallのマックのカップを使ってリフィルをしてもらう。5回目のリフィル、何と6杯目のコーヒーで、流石に嫌になる。PCを出して無線を見ると、マックの無線は無かったが、隣のホテルの無線らしいものが拾えてE-mailが出来た。

午後7時半過ぎになり、KL最後の夕食を取りに出る。例の中華屋のチャーハンである。中国茶と合わせてRM7. 美味しかった。

宿に戻り、トイレで歯磨き、それと汗に濡れたT-shirtsを着替えて、荷物を持ってバスターミナルに向かう。ようやく午後9時過ぎだ。
バスターミナル内部は相変わらず人が多い。人の話し声、エアコン等の音、下から聞こえるバスの音、テレビの音、とにかくうるさい。

約3時間、ここでバスを待ったが、詰まらず、心地良くない時間であった。騒音、暑さ、周りで無遠慮に吸われるタバコの煙、周りの人は殆どがマレー人のようだが、何となくじろじろと見られる。こちらのマレー人の人達は結構遠慮なく人を見つめるが、あまり気持ちは良くない。(あくまでも個人の感想) また、バスのチケット売りの呼び込みおじさんもうるさい。売店がずらっと並んでいるが、どこも本当に同じような品揃えである。一軒だけ中国系のおじさんの店があり、そこだけでビールを売っていた。面白いのでよっぽど買って飲もうとも思ったが、止めておいた。

午後11時を過ぎたが、中々バス(Transnational)が準備されないようだ。バスに乗る前にと思い小用を足しに行くが、ターミナルの二階にしかなく、当然、料金を徴収されて、やはり当然、あまり綺麗ではなかった。

午後11時半過ぎ、ようやくバスが準備されたようで表示されたプラットフォームに降りていくが、結局表示は間違いで、荷物を抱えて隣のプラットフォームに移動する。それでもようやくバスに乗り込む。エアコンが効いていて気持ちよい。ほっとすると窓枠に小さいゴキブリが挨拶に出てきた。こんなものである。

バスは定刻に出発。快適にSingaporeに向かって走り出した。何とか寝ようと努力するが、コーヒーがやはり効いているのだろう、なかなか眠れない。エアコンが流石に冷たくなってきて、すでに着用していた半ズボンの長ズボンアタッチメントだけではだめで、長袖シャツも着込んだ。そんな事をしているうちに何とか眠りについた様だ。
Goodbye KL. Goodbye Malaysia. So long.  

↓↓投票クリック、お願いします
人気ブログランキングへ