So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

無事に巣立ったようだ。 [滞在生活]

2018年6月24日の日曜日、午後6時半になるところ、在自宅の居間。妻はビン・カン捨てをしてからお散歩ウォーキングに出掛けた。娘は昨晩に高速バスでお友達と都内に移動して今日はコンサートと観光、明日の朝に戻ってそのまま大学に行くらしい。息子は今日は東口でバイト。夜は最寄りJR駅まで迎えに行かなければならない。

(続きはこちら)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ポール・セロー「中国鉄道大旅行」 [エンタメ]

2018年6月17日の日曜日、午後4時になるところ、在自宅の居間。炬燵では妻が横になって録画した洋物ドラマを見ている。

(続きはこちら)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

Laird Hunt, Kind One & his other books [エンタメ]

2018年6月9日の土曜日、お昼を少し過ぎたところ、在自宅の居間。息子は自分が起きてすぐの朝8時頃に家を出て歯医者と眼科に行った。その後は街で友達と会うらしい。妻は今日の土曜日は出番。でも自分が起きて一緒に息子を見送る時間帯ではすっかり遅いので聞いてみると、スマホの目覚ましが鳴らずに今日は遅刻で職場に行く事にしたらしい。娘は今日はバイトも無いらしくまだ上で寝ている、眠り姫状態。
 

(続きはこちら)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

「春に散る」読書中 [エンタメ]

2018.06.04、午後10時少し前、在自宅の寝室の畳に敷いた布団の上で仰向けになって、左手でスマホの上側を摘んで持って、鎖骨手術した右腕は体に沿って布団に横たわせて、肘から上だけを上向きにして、その右手の親指にスマホ下部をちょこんと載せて、右手の人差し指で文字入力している。

今朝は自宅療養の初日だったが昼少し前からは仕事の書類作りをしていた。本当は復帰後の今度の金曜にするつもりだったのだが、土曜日に同僚から電話で上の方からすぐ出せと言われて困ってる由。仕方無いが、いやはやである。根を詰めるとやはり肩に重苦しさが出るし。

何とか夜の8時過ぎに終わらせて同僚にメール送信、シャワー浴びて、カレーライス夕食食べて、今に至る。

昨晩は熊谷達也氏「銀狼王」をやはり寝床で面白く読了。氏の「稲穂の海」の前に今は沢木耕太郎氏の「春に散る」上巻を読んでいる。氏は最近はフィクションが多いのではと思うが同作も。題材は老いたアメリカ帰りのボクサーだ。最初、題名、そしてカバーの漫画風のデザインを見て、う〜むと思ったが大変に面白い。新聞連載小説に加筆してこの単行本は昨年2017年の出版である。

昨日の市立病院退院の足で、モンベルでオーダーした登山靴を引取る前に太白図書館で借りた訳だか、借りて良かったー!!と思っとります。

以上
nice!(0)  コメント(0) 

退院日の朝 [滞在生活]

2018年6月3日の朝、午前7時半になるところ、在仙台市立病院の9階病棟。換気で窓を少しだけ開けているが平日に比べ静かな感じはするがやはり列車の音がする。でも小鳥の声が意外と聞こえてきて嬉しくもある。

昨日に妻とも相談して本日の午前中に退院させてもらう事にした。30日の入院から昨晩までの4晩の短い入院期間だったが自宅に帰れるのはとても嬉しい。翻って、自分如きは外科手術の短期入院であり、手術も無事に終えて頂いた今は退院を喜べる分際であるが、痛みや治癒への不安を抱えて入院を続ける方々に思いを馳せると申し訳なくもあるところだ。他方、お医者様や看護師さんを始め身の回りの世話をして頂いた方々には感謝感謝の気持ちである。

中学一年に内科疾患で確か一週間程の入院を経験した事がある。13年には白内障で短期の手術入院もした。しかし今回のような、自分の感覚からすればだが、大掛かりな全身麻酔の手術を伴う入院は初めてあり、まさしく身を他の方々に委ねての数日であり、いろいろと思う事、感ずる事の多い経験でありました。

さて、昨年夏の骨折時は一ヶ月後にはリハビリライドなどと称してライド再開した訳だが、そして、今回の再骨折はほぼ間違いなく先の3月中旬の職場の引越し時の無理から来ているのだろうと考えているが、今回は暫くは方に負担の掛かる事は当面控えるつもりです。歩行に問題がなくなったら低山ハイクなどで徐々に運動再開と考えております。
  
写真は今回の入院生活の最後の今朝の朝食です。美味しゅうございました。
  

以上、

s_Point Blur_20180603_080802.jpg


nice!(2)  コメント(0) 

術後療養中、なう。 [滞在生活]

2018年6月2日の土曜日の午後1時半、在仙台市立病院の入院病棟でベットに横になってスマホ入力している。換気のために窓を少しだけ開けているがひっきりなしに列車の音が聞こえてきます。

お陰様で一昨日の31日の手術は無事に終わらせて頂き今は術後の安静治療中です。安静とは言っても既に自分の足で歩けておトイレも可能。

その右肩鎖骨の骨折部、および鎖骨関節部に使うための自家骨を採取するための右腰の、それぞれの切開手術は計画通りに上手く終了して頂きました。

妻に「では行って来ます」と相応の不安を抱えながらも看護婦さんに付添いしてもらって部屋を出たのが午後1時少し過ぎ、部屋に戻って来たのは午後5時となっていました。延4時間もの手術に感謝感謝です。

さて、自動ドアで仕切られた手術エリアに入ると自分が入る1号室から、8号だか9号だかまでずらっと並んでいる手術部屋に驚き、そして、いろいろな質問に答えながら手術室の術台に横になり執刀のお医者さんもいれて7人程はいるかなぁ〜と思う間もなくマスクをして頂き「麻酔で眠くなりますから普通に寝てくださいね」と言われてほんの少しですぐに眠りに落ちました。

気付くと手術室で名前を呼ばれていて、それからは自分の病室に移動、先生から妻と共に手術が無事に終わったとの説明を受けました。麻酔を受けて眠っていた自分からすると本当にあっという間の出来事でした。

妻は8時には帰らねばならず、流石にその晩は食欲もなく夕食はスキップ、でも何とか自分で伝い歩きしてトイレでオシッコもした記憶が。

昨日の術後初日の1日の朝は何とか頑張って朝食も少し食べたが、牛乳を飲んたのがまずかったか、少しするとムカムカしてトイレで痛たたと言いながら食べたものを全部吐いてしまう始末。でもその後は体調も回復して、妻が少し早目に帰った後には仕事の電話をしたり、友人達のお見舞いを受けて彼らとバカ話をしたり。

当然、手術を受けてプレートやらボルトやらワイヤーを入れてもらった右肩を三角巾で庇いながら、そして右腰の痛みを我慢しながらずんつぁま歩きせねばならないが、まずまず普通に動くことも出来るようになっています。なので明日には退院しようかな、などとも考え中です。

写真は当9階から見る南西方向で自宅のある那智が丘も見えます。

以上、
S_PIC_20180602_125338.jpg

nice!(0)  コメント(1) 

術前夜 [滞在生活]

2018年5月30日の水曜日、午後6時になるところ、在仙台市立病院の入院病室の9階、北東の窓の外の暮れなずむ景色を眺めながら。

ほぼ目の前の遠方に若林区役所(あるいは隣接するウルスラの校舎かな?)が見える。すぐ下には新幹線、在来線、そして宮城野の方からの貨物線の各線路が見えてひっきりなしに電車や新幹線や貨物列車が走っている。昔、とは言っても20年程度前だけど、に住んでいた拝島駅すぐ近くの賃貸マンション高層階からの景色を思い出す。また、広瀬川も川面を少しだけ見ることが出来、対岸の旅立神社の大木も目の前だ。

本当は4人部屋を依頼したのだが、一杯の場合は個室になっても構いませんよ、としていたら昨日の夕方の仕事中に病院から電話があって個室となってしまった。1泊10,800円掛かってしまうが致し方ない。でも、今日一日付き合ってくれてさっき帰宅した妻とも話していたのだが、入院なんて滅多にするもんでもなし、かえって他の人に気を使う必要がない個室で良かったのではないかと思う。恐らく、4泊かそこらで退院出来るであろうし。(希望的にだけど…)

今朝は午前9時15分の受付時間に間に合うように妻と二人で車で病院に到着、手続きの流れに従って病室に移動して、執刀医チームの先生方による問診を含め沢山の説明を受けた。入院中のあれこれ、麻酔の件、明日の手術段取り、点滴の事、等々。途中にはこれから数日食べることになる入院食の昼食も食べ、手術前の最後のシャワーも浴びて、さらには昼寝も少しさせてもらった。

怖くない、とは言えないし不安もあるが、早く手術をしてもらって右肩(鎖骨)の状態を良くしたい(してもらいたい)と思う。ここ数週間、骨折治癒がされていないと分かってから痛み(鈍痛、あるいは仙台弁のイズイ感)が増してきていて、これって気分的な問題かなぁ~とも思っていたが、骨折部を触ると骨の飛び出しも確実に増えているので、この手術のタイミングは微妙に潮時の良いタイミングだったのでは、と思うのだ。

手術は明日の午後1時半から2時間半程度掛かるらしい。妻には12時頃に来てもらって付添いをしてもらう。手術室に移動後に全身麻酔をしてもらい、意識がはっきりと元に戻る頃には自分の病室に寝ている、という事になるらしいが、当人はお医者様や皆様に身を委ねるのみであります。

もうすぐ夕食が来るようです。

夕食はカレーピラフ、肉団子、ブロッコリサラダ、卵スープでした。当然、あっさり味だけどお昼のも、この夕食も美味しかったです。外は少しづつ暗くなってきています。電車の前照灯も付き始めました。真下の道路脇には、昔通ったクシタニさんのお店のところに居酒屋があって、提灯ももう灯っています。さっきからずっと見ているけどまだお客さんは入っていないようです。この病院の人たちも(事務やお医者さんやら看護師さんね)も仕事帰りに行くのかぁ~。おらも行きたいです。

この入院があったので図書館から借りている本も全部持って来ました。妻も日中は手持ち無沙汰で三浦明博氏の「滅びのモノクローム」を読んでいたが、まずまず面白いと言っていました。読むのが楽しみですが、でも自分はまずは熊谷達也氏「虹色にランドスケープ」を読んでからにしましょう。読みかけていた「相剋の森」はさっき面白く読み切ってしまいました。消灯までは読書ですが、ヘッドフォンも持ってきたので心静かに聴ける音楽も楽しもうと思います。

以上、

S_PIC_20180530_105515.jpg



nice!(0)  コメント(1) 

Banana Boat [エンタメ]

2018年5月27日の日曜日、午後6時少し過ぎの在自宅の居間。外はまだ明るく日がすっかりと長くなったことに改めて気がつく。
 

(続きはこちら)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

Karla Bonoffを聴きながら [エンタメ]

2018年5月20日の日曜日、午後8時になるところ、在自宅の居間でKarla BonoffのRestless Nightを聴きながら。

(続きはこちら)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

死ぬまで治らぬか、我が悪習よ。 [滞在中の問題]

2018年5月6日、GW、自分にとっては飛び石の後半、連休の最終日の日曜日、午後6時少し前。外は曇り加減だが晴れ間から雨へとはまだ移っていない。しかし、もうすぐポツリポツリ来そうかな、というところ。炬燵では妻がスマホ片手にゴロンとしているが、この連休中に建付けていた寝室や子供達の部屋の洋服ダンス兼棚収納の造作家具の疲れからだ。自作家具が趣味の妻と違い自分は全くといい程興味がないので、数日前の晴れ間に行った2M少しの長さの2X4 角材合計9本へのオイルステン塗装以外手伝いらしい手伝いもせずに申し訳ないが、右肩が少々具合悪いので多目にみてもらっている、と思う。

(続きはこちら)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -